artchannel

ご報告

20170621-2.jpg

長崎次郎書店で開催した「ヨルのキオク」の集計報告です。

売上総額の半分 106,000円を、「福島→熊本0円キャンプスクール」の口座へ先日お振込させていただきました。このような金額は、とても私一人の力ではお届けすることはできません。みなさんのご協力があって出来たことです。この場を借りてお礼を申し上げます。作品をお買上げいただいたみなさま、ありがとうございました。

そして、次郎書店さまのご厚意により長らくレジカウンターに設置させていただいた募金箱も、本日、事務局長の片山さんに直接お渡ししてきました。初日には軽かった募金箱がずっしりと重くなっていて、たくさんの方が想いを寄せてくださったことに、じーんと嬉しくなりました。こちらは「福島→熊本0円キャンプスクール」の事務局で集計していただきます。報告が入りましたら、またお知らせいたしますね。自分のことのように一緒に寄り添ってくださった甲斐さんをはじめ、次郎書店のスタッフのみなさまにも感謝の気持ちでいっぱいです。

福島の子どもたちが、今年の夏も熊本の大自然の中で元気いっぱい過ごせますように。少しでもお役に立てるのかなあ〜と思うと、私もあたたかい気持ちになれます。熊本地震の影響で大変な中にも、足を運んでくださったみなさま、遠くからも応援してくださったみなさまのおかげです。

心より、ありがとうございました。

20170621-00.jpg

みなさまには「福島→熊本0円キャンプスクール」の活動を、
引き続き気にかけていただき、お力添えをいただきますようお願い致します!

「福島→熊本0円キャンプスクール」
http://0camp.sunnyday.jp/

「ヨルのキオク」の会場風景はコチラ
http://artchannel.jp/exhibition/2017/05/-2017.html

「松永農園」ロゴマーク

2017616.jpg

お仕事の実績がたまっていますがひとつずつ。

ミニトマトを栽培されている「松永農園」さまのロゴマークを制作しました。
地球の環境劣化が進む中、健康な"いのち"を未来へ繋いでいくことが農業の使命と考え、
土づくりから取り組まれている農園です。
健全で力強い土壌では、植物たちが、元気に生き生きと成長します。
実際に松永さんが作るミニトマトは、元気な細胞がギュッとつまっている感じ。
栄養価も高く、そして、とてもとても美味しいのです。
ミニトマトを通じて"いのち"が循環していくイメージでデザインしました。

第16回 しょうぶの里まつり

shoubu.jpg

今週の土曜日は「第16回 しょうぶの里まつり」にお邪魔します。
10:30〜14:30まで「いろんなカタチ」ワークショップを行います♪

会場では、新鮮お野菜や苗の販売やオール100円の食バザー、利用者のみなさんの作品展示やオリジナルグッズの販売などなど。ステージでは大好きな「ザ・スクランブルーズ」のLIVEもありますよー♪♪♪ 障がいのあるなしに関わらず、たのしいひとときを共有できたら、この上なく嬉しいです。お誘い合わせの上、お気軽に遊びにいらしてください。

「第16回 しょうぶの里まつり」
6月3日(土)10:30〜14:30
熊本市西区小島9丁目14-58/駐車場完備

「星をつくろうワークショップ」

hoshi-1.jpg

hoshi-2.jpg

hoshi-3.jpghoshi-4.jpg

hoshi-5.jpg

2017.5.14
長崎次郎書店で開催した「ヨルのキオク」の最終日に、ワークショップを開催しました。
次郎書店のスタッフ大村さんが「夜」をテーマにした絵本のおはなし会を。
そのあとバトンタッチして「星のモビール」を作りました。
みんなの思い思いの星がゆらゆら揺れて、優しい夜が増えていくといいなあ。
ご参加いただきありがとうございました。

「ヨルのキオク」の展示風景はコチラから
http://artchannel.jp/exhibition/2017/05/-2017.html

「家のぼうしをつくってみようワークショップ」

ienoboushi-1.jpg

ienoboushi-2.jpgienoboushi-6.jpg

ienoboushi-4.jpg

ienoboushi-3.jpgienoboushi-5.jpg

ienoboushi-7.jpg

ienoboushi-8.jpg

2017.5.21 西合志図書館にて開かれた「わくわくおはなし会」にて
「家のぼうしをつくってみようワークショップ」を開催しました。
まずは「家」をテーマに、スタッフの方による絵本のおはなし会。
頭の中でイメージを膨らませたあとで制作に入りました。

親子20組・総勢50人くらいいらっしゃったでしょうか?とても賑やかでした。
頭のサイズを測るところから...親子で力を合わせながら制作しました。
材料の数が足りずお待たせしちゃった子もいましたが、全員最後まで完成。

熊本地震で、家がなくなってしまった人、家が守ってくれたという人、それぞれですが
「家」の大切さをしみじみと感じた昨年でしたよね。
自分で組み立てて描いた家が帽子になるって、なんだか...いろんなこと全部ぶっとんで、
楽しくてよかったかな!
ご参加いただきありがとうございました!

図書館のスタッフのみなさまも、
準備段階からたくさんのお力添えありがとうございました!
また是非お邪魔させてください。