artchannel

「月刊タウン情報 クマモト」3月号

20180308.JPG

「月刊タウン情報 クマモト」3月号に、
今、取り組んでいる動物園のパネル制作のことをご紹介いただきました。
大きく取り上げていただき、ありがとうございます。
県外の友だちを連れて行きたくなる穴場や、
すてきなお店など盛りだくさんの保存版です。
是非、書店で手にとってみてください♪
   
http://tankuma.com/tankuma/

  

ちょうちょの森

20180301.JPG
  
3月になりました。
今年の冬は寒かっただけに、春が本当に待ち遠しかった。
家のまわりではウグイスも鳴いています。
こうやって必ず春がきてくれるから、厳しい冬も乗り越えられますね。
  
さて、今日は、お知らせです。
アトリエの最後の営業日を3月21日(春分の日)と決めました。
残りわずかですが、足を運んでおきたいという方は
どうぞお気軽に遊びにいらしてください♪
  
それから、今日から1ヶ月間、お隣の画廊喫茶ジェイにて
「ちょうちょの森」の原画を展示させていただくことになりました。
合わせてお楽しみいただければ幸いです。
喫茶店となっておりますのでワンオーダーよろしくお願いいたします。
  
「ちょうちょの森」
3月1日〜31日まで →4月14日まで延長になりました/日曜日休
画廊喫茶ジェイにて *ワンオーダーお願いします
10:00〜18:00(最終日は〜16:00)
  
  

熊本市動植物園

20180225.JPG
  
今、がんばっていること。
熊本日日新聞社の小野さんにご紹介いただきました。
ものすごーく力になります!ありがとうございます。
   
動物園を訪れる子どもたちに向けて...
というのはもちろんだけど、
今は、そこで働く人たちの力にもなれたらうれしいな
と思いながら取り組んでいます。
   
もうすぐ熊本地震から2年。
動植物園の職員さんも、工事業者の皆様も、
そして、動物たちも、毎日がんばってます。
   
   

「The dream ahead of...」

20180221.jpg
   
益城町の子どもたちによる劇団「ましきっずプレイヤーず」の旗揚げ公演のフライヤーを担当しました。台本を読ませてもらうと、避難所で過ごす子どもたちが空想した船の上が舞台。そして、フライヤーに使用した作品のタイトルも「空想の船」。これはぴったりだ!と思い、すぐにイメージが固まりました。
   
2016年、熊本地震の震源地となった益城町。計り知れない恐怖や悲しみを味わったであろう子どもたちが、それぞれの体験を乗り越えながら、演じることの楽しさや難しさや新しい経験を積みつつ、この1年大きく成長してくれてると思います。当日、どんな演技をみせてくれるのか楽しみでもあり、そして、まっすぐに子どもたちに向き合ってきた講師陣にも心からの拍手を送りたいです。みなさまも、どうぞお出かけください。
   
日時/3月11日(日)開場14:00〜
場所/益城町文化会館にて
料金/一般500円/中学生以下無料(整理券が必要です)
   
ましきっずプレイヤーず
   

迷子札をつけよう100%運動

20180115.JPG
   
今年も熊本市動物愛護センターに「迷子札をつけよう100%運動」カードを22,000枚お届けしてきました。
   
このカードには、「熊本市だけで迷子の犬が毎年500頭収容されています」という文章が入っているのですが、今回は、500頭→400頭に修正しています。職員の方々や、関わるボランティアのみなさんがコツコツと活動を続けてこられた成果で、収容頭数そのものが減ってきていることは、とてもすごいことだと思います。
   
それでも、残念ながら収容可能頭数を超えることもあります。その結果、処分を免れないことも...。私たち飼い主が「迷子札」をつけておくことで、万が一、迷子になって保護されたとしても、飼い主がすぐに見つかり、収容場所を邪魔することが無くなります。本当に行き場のないコたちの場所を確保してあげることも、私たちにできることのひとつだと思います。
   
先日、愛護センターに到着すると、久しぶりに会うカメラマンの友人がいました。なんでもその日は取材だったそうで、近々、とあるフリーペーパーに特集記事が載るそうなのです。カメラマン、ライター、デザイナーと、チームのみなさんが犬好きだとか♪(しかも、デザイナーさんは譲渡犬を飼っていらっしゃるそう♪)いろんなところで、それぞれの方法で伝えようとしてくれていることが、とても、心強く感じました。その記事を読んだ方が、また愛護センターや譲渡会に足を運んでくれたり、家族に迎え入れたりしてくれたら、うれしいなあ。そうやって、優しい気持ちが広がっていきますように。
   
所長さんから伺ったのですが、他県でもこの運動が広がっているらしく、このデザインも一役買っているのだとか...。お役に立てて、とてもうれしいです。 ーーーと、いうわけで、今年も「迷子札」装着のご協力、どうぞよろしくお願いいたします。
   
●熊本市動物愛護センターの情報はコチラ
  
*ちなみに「熊本県」と「熊本市」では管轄が違います
  
●熊本県の情報はコチラ