artchannel

おしらせの最近のブログ記事

「The dream ahead of...」

20180221.jpg
   
益城町の子どもたちによる劇団「ましきっずプレイヤーず」の旗揚げ公演のフライヤーを担当しました。台本を読ませてもらうと、避難所で過ごす子どもたちが空想した船の上が舞台。そして、フライヤーに使用した作品のタイトルも「空想の船」。これはぴったりだ!と思い、すぐにイメージが固まりました。
   
2016年、熊本地震の震源地となった益城町。計り知れない恐怖や悲しみを味わったであろう子どもたちが、それぞれの体験を乗り越えながら、演じることの楽しさや難しさや新しい経験を積みつつ、この1年大きく成長してくれてると思います。当日、どんな演技をみせてくれるのか楽しみでもあり、そして、まっすぐに子どもたちに向き合ってきた講師陣にも心からの拍手を送りたいです。みなさまも、どうぞお出かけください。
   
日時/3月11日(日)開場14:00〜
場所/益城町文化会館にて
料金/一般500円/中学生以下無料(整理券が必要です)
   
ましきっずプレイヤーず
   

「ふるさと、奄美に帰る」

20180105-1.jpg

今日は、とある活動のご紹介です。
   
熊本に「菊池恵楓園」があります。ここは、国立ハンセン病の療養所。この療養所内の「金陽会」は、当時、恵風園で暮らし、絵を描くことが好きな人たちが集まって1958年に発足された歴史ある絵画クラブ。しかしながら、高齢化によりメンバーの多くの方がこの世を去り吉山安彦さんただ一人となりました。現在は、吉山さんを中心に絵を習いたい人々が恵楓園以外からも集まり、絵画クラブとして今もなお活動は続いています。
   
実は、この「金陽会」には850点を超える絵画が残されています。ハンセン病に対する差別から、故郷に帰ることも、家族に会うことも、または身分を明かすことも出来なかった方々の生きた証となる作品群。一昨年から、これらの作品を調査し保存する活動がはじまりました。途中、熊本地震に見舞われましたが、幸い作品を保管していた建物も倒壊は免れ、作品たちもどうにか無事でした。
  
自宅から近いということもあり、また、素敵な作品に間近に触れられるという喜びもあり(だって素敵な作品がたくさん!)、作品調査と保存活動に、個人的に時々お手伝いに行っています。この活動の主軸となる人物、蔵座江美さんは、熊本市現代美術館で開催された「キオクの森から」の担当学芸員さんでもあります。そのような繋がりもあり、時間がある時に限るので頻繁には行けてないけれど、時々「菊池恵楓園」にお邪魔するようになったというわけです。
  
さて、長くなりましたが、やっと本題です。
  
850点以上もある作品群の中には、故郷に帰ることも出来ない方々が、故郷を想い描かれた作品もたくさん残されています。作品調査をはじめて間もない頃、「いつか作品だけでも里帰りさせてあげたいなあ」と言う蔵座さんがいました。私もいつかそんな日がやってきたら素敵だなあと思っていました。
  
そして、蔵座さんのコツコツと続けて来た活動が実を結び、今年の春、なんと「里帰り展」が実現することになったのです。今は亡き、大山清長さんの故郷である奄美大島にて作品展が開催されることが決まりました!
  
ただ、展覧会には相当な費用がかかります。作品を送るだけでも郵送費や梱包資材やその他いろいろ、たくさんの経費がかかります。全てボランティアでまかなっている活動に大きな予算はありません。そこで、作品展を成功させるために!と、応援してくださっているご縁のある方が「クラウドファンディング」を立ち上げてくださったそうです。残り10日と、すでに時間がない中でのご紹介となって申し訳ありませんが、もし、応援するよー!って方がいらっしゃいましたら、どうぞ、よろしくお願い致します。
  
ヒューマンライツふくおか(blogにて作品調査・保存活動の報告が見れます)
http://human-rights-fk.com/
   
クラウドファンディングのページ
https://camp-fire.jp/projects/view/52872

       
*「ふるさと、奄美に帰る」のチラシのデザインを担当させていただきました。

今年もよろしくお願いいたします。

20180103.JPG
  
今日から仕事はじめ。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
   
昨年からスタートした動物園のお仕事は、今年の春の発表に向けて進めています。
2018年のカレンダーは、そのお仕事で描き下ろした動物たちでまとめました。
(カレンダーのことはこちらに書いています→http://artchannel.jp/news/2017/12/2018-1.html
満月をイメージしたまんまるは、満ち足りた毎日でありますようにと願いを込めて。
   
そういえば、年明けからまんまるのお月さまがニッコリ笑っていましたね。
わたしも、お月さまにニッコリ笑いかけました。
寒かったけど、うれしくてあったかい気持ちになりました。
   
新しい一年が、ニコニコいっぱいの満ち足りた一年になりますように。
   
   

年末年始のお知らせ

20171229.JPG

去年の今頃とはまた違った思いでいます。
先が見えなくて不安だった昨年の暮れ。
今年はたくさんの希望をいただいたような一年でした。
まだまだ大変な思いをされている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが
少しずつそれぞれの歩幅で前に進めていけたらいいですね。

今、アトリエには以前の作品なども展示しています。
これは「雪ユキ*サンポミチ」の作品(2006年作)
ここにいる間、長らく2Fに眠らせていた作品たちも
少しずつ展示していけたらと思っています。
2月いっぱいは通常通りOPENする予定ですので
お気軽に遊びにいらしてくださいね。

さて、
30日を仕事納めとし、お正月休みに入らせていただきます。
明日も朝からバタバタしそうなので今日のうちにご挨拶を。
今年も一年ありがとうございました。
皆様もどうぞ穏やかによいお年をお迎えください。

年末年始のおやすみ
12月31日〜1月3日まで

大切なお知らせ

2017129.jpg
  
今日は、大切なお知らせです。
    
ここ、味噌天神にアトリエを構えることになったのが15年前。
当時まだ入籍はしてなかったけど、とーちゃんと、今は亡き増岡さん、
そして、たくさんの友人に手伝ってもらいながら、約5ヶ月かけて完成した空間です。
わたしはこの空間が大好きで、仕事も楽しくて、
時折訪ねてくださる方々との会話も嬉しく、毎日ここに通うのがとても幸せでした。
   
打ち合わせやイベントなどで、ご迷惑をおかけすることも多々ありましたし、
作業に集中したい時は、中にいるくせに closeにしていることもありました。
15年もの間、このようにマイペースに続けさせていただいたこと、とても感謝しています。
何度かゲストをお招きして作品展もやりました。10周年の時には2Fを解放してワークショプなども。
いろんな思い出がぎゅーっと詰まった大好きな空間ですが、いよいよ、来春に移動することになりました。
   
正直とても名残惜しいです。
...だから、なかなか決心がつかなかったけど、いずれは、自宅である合志市に移す予定でいました。
太陽光の電力で仕事をして、仕事の合間には畑を耕して、犬との時間をもっと増やして...。
自然に囲まれた理想としている暮らしにまたひとつ近づくために、今のアトリエを卒業する決心がやっと固まったところです。
   
もうすぐアトリエの15歳の誕生日。
反省と感謝の気持ちを込めてのセールを、最後になりますが、今年も開催します。
皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちしています。
是非あそびにいらしてください。
   
12月16日(土)〜12月24日(日)期間中無休
11:00頃〜18:00頃まで
*平日のみ打ち合わせで不在の時間帯があるかもしれません。念のためお電話ください。
*土日は終日OPENしています
   
駐車場は近くのコインパーキングをご利用ください。